さつき幼稚園について

  • 行事
  • 課内活動
  • 一日の流れ
  • 課外クラブ
  • 教材/縦割り
  • ファミングエデュケーション
  • 園外保育
  • 制服について

課内活動・講師

さつき幼稚園には専門的な知識と
技能を備えた講師陣が勢揃いしています。
未来を担う子どもたちの
豊かな心と元気な身体を育みます。

絵画造形(年少・年中・年長)
山に行き、木の枝や木の実を採る。敷地内で落ち葉を集める。海に行って貝殻を拾う。素材の使い方を見つける体験が創造的な活動の源になります。子どもたちがどんな風に生かして使うかを考えることを大切に表現意欲を満足させ、表現する喜びを十分に感じてもらうよう力を注いでいます。

運動遊び(年少・年中・年長)
専門講師による指導の下、幼児期の子どもたちにとって必要な“運動遊び”を中心としたカリキュラムを組んでいます。健康でケガをしにくい身体作りを促進するだけではなく、行動力や忍耐力、正義感や友愛の心といったメンタル面での健やかさも一緒に育んでいきます。

音楽リズム(年少・年中・年長)
音楽の基本は<聴く・歌う・演奏する・表現する>の4つです。さまざまな楽器に触れ、多様な音楽経験を重ねることで、子どもたちの創作の幅を広げ協調性を養っていきたいと考えています。みんなで心を合わせて何かをやり遂げることの喜び、協力することの大切さを音楽を通して学びます。

茶道(年中・年長)
平成19年度より県のモデル園となっているカリキュラムです。「しつけの基本は集中する心より生まれる」という精神の下、幼児期のうちに姿勢を正し、心を静かにすることの大切さを学びます。型に嵌める事だけに終わらせず、子どもたちの集中力を高め日本の伝統の良さも伝えていきます。また、年長最後の指導では友泉亭へ行き、お茶会を行います。

英語で学ぼう(年少・年中・年長)
英語を身近に感じてもらうためのカリキュラムです。週に1回程度、ネイティヴの専任講師を招いて、各クラスごとに“英語あそび”などの保育を取り入れた楽しい時間を過ごしています。生きた英語に触れることはもちろん、歌やゲームを通して“英語が好き”という気持ちを育みます。
26年度からは、年少・年中の学年もカリキュラムの中に英語が組み込まれます。

クラシックバレエ柔軟<年長>
近年、ちょっと転んだだけで捻挫や脱臼、さらには骨折やケガをする子が多いようです。要因の一つとしては身体的な発達が乏しいこと、また柔軟性に欠けていることが上げられるため、当園ではクラシックバレエの基本を取り入れた柔軟体操を行なうことで、ケガの少ない身体づくりを目指しています。