さつき幼稚園について

  • 行事
  • 課内活動
  • 一日の流れ
  • 課外クラブ
  • 教材/縦割り
  • ファミングエデュケーション
  • 園外保育
  • 制服について

教材および屋内指導

“知能あそび”のモデル園として30年以上の実績を持つ、さつき幼稚園。
人格の基礎となる知能(=自分で考え逞しく生きる力)を幼児期のうちに無理なく育てたいという願いから、ダイナミックな体験保育に加え、ゲーム感覚で遊びながら学ぶ“知能あそびの教材”を使って、集中力や理解力、想像力など“健康的な知能”を育んでいます。

教材

フラッシュカード(全学年)
ちのう遊び(年少・年中・年長)
文字数ノート(年長)
切り紙遊び(年少・年中)
線遊び(年中)
クレヨン遊び(最年少)
指遊び教材(最年少)

その他の屋内指導

折り紙制作や金槌、ノコギリを使った木工指導、鉛筆削り、調理指導、科学の目(実験指導)も積極的に取り入れています。

縦割り保育

少子化が進む現代において、とくに幼児期に異年齢児との関わりを多く持つことは、その後の社会性、協調性を育む上で非常に重要とされています。
さつき幼稚園では、毎月さまざまな形で“縦割り保育”を取り入れており、その中で互いの関係性を学びます。例えば年長児は年少児をいたわることで、思いやりの心や責任感などを学び、年少児は年長児に刺激を受けることで、信頼感や労いの気持ち、あるいは向上心など心の発達を学びます。