設備について

  • 園舎
  • 設計
  • 新幹線
  • 安全
  • バス・位置情報システム
  • 給食設備(アレルギー対応について)

安全
安全について

まず、建物全体が目線の通る設計となっているため、園児たちはいつも複数の目によって見守られています。常時作動しているセキュリティーカメラは32台。各エリアに男性教諭3名と男性バス運転手3名が常駐し、常に園児の安全管理に目を光らせています。また広大な園用地にも監視カメラを設置。各ゾーンごとに監理できるようフェンスを設置するなど、さまざまな工夫が施されています。
災害時には7回線ある電話回線がパンクする事も考慮し、コンフォートプランニング社のメール配信システムを導入しており、また職員全員が定期的に救命講習を受けたり、災害訓練を行なうなど有事に対応できる体制も整えています。

安全
AED

AEDとはAutomated External Defibrillatorの略語で、心臓がけいれんし、血液を流すポンプ機能を失ってしまった状態(心室細動)の心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。2004年7月からは一般市民による使用が認められるようになり、駅や飛行場、ショッピングモールでも広く見かけるようになりました。
心室細動を起こすと1分経過するごとに助かる確率が約7~8%ずつ減っていくと言われていますが、日本では救急車の到着平均時間が約6分。つまり救急車を待っていたのでは助かる確率がかなり低くなってしまうということになります。しかし、AEDが近くにあって、すぐに操作できればグンと助かる確率も高くなります。そこで、さつき幼稚園では園長を含む全職員が定期的に救急救命講習を受講。園内だけではなく地域にも貢献できるよう“福岡市AED設置施設登録”を行ない、緊急時に対応できるような態勢を整えています。