設備について

  • 園舎
  • 設計
  • 新幹線
  • 安全
  • バス・位置情報システム
  • 給食設備(アレルギー対応について)
給食設備

給食

さつき幼稚園では開園当初から“栄養”と“食育”にこだわった園内給食を提供しています。例えば温かいものは温かく、冷たいものは冷たく…味覚や食感を大切にしたメニューであることはもちろん、単に子どもに好まれるものだけを集めるのではなく、成長期に必要な栄養バランスを考えたメニュー(魚料理や煮物、和え物など)を提供。時には園内の畑で栽培、収穫した野菜を園児自らが調理。友だちや先生と一緒に食べることで、苦手意識を克服していきます。とくに生野菜は最新式のスチーム・コンベクションを使用。栄養価をほとんど損なうことなく、量や旨味を引き出します。また、子どもたちが使用する食器については、近年小学校が導入を始めた“軽くて、環境ホルモンが出ない”ペン樹脂食器を使用。アレルギー体質のお子様についても、管理栄養士や調理師と相談の上、なるべく個別の除去食メニューで対応できるよう柔軟な態勢を整えています。ちなみに、さつき幼稚園の給食室はユニークな“ガラス張り”。子どもたちに給食作りの過程を見せることで、“食”に対する興味を引き出し、より身近に感じてもらう工夫をしています。

アレルギー対応について

アレルギー体質のお子様の給食については、福岡市内の小学校給食同様、“卵・牛乳・ごま”の3種類に関する除去食メニューで対応しています。詳しくは“アレルギー用献立表”を別途お渡し致しますので、ご心配な場合は是非ご相談ください。

【現在対応しているアレルゲン】
・卵、牛乳、ごま

代用品の例

●プリン(乳・卵)→カップゼリー ●ヨーグルト(乳)→カップゼリー
●クリームコンフェ(乳・卵)→カップゼリー ●フルーツヨーグルト(乳)→フルーツポンチ
●マヨネー ズ(卵)→マヨドレ ●ロールパン(乳・卵)→アレル ギー用パン
●牛乳(乳)→豆乳 ●チーズキャンディー(乳)→プチゼリー
●ハンバーグ(乳・卵)→アレル ギー用ハンバーグ ●オムレツ(乳・卵→白身フライ
【注意】 アレルギーのあるお子様は、軽度・重度に関わらず全ての方に必ず医師の診断書等を提出して頂きます。また、とくに症状の重いお子様についてはお弁当の持参をお願いすることがございます。アナフィラキシーショックなどによる事故を防ぐためにも、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
その他のアレルギー

※毎月の詳細献立表を参考にして頂き、その他アレルギーのあるお子様はご家庭より代替食のご持参をお願いしております。

ISO14001

国際規格ISO14001

さつき幼稚園の給食室は2009年に国際規格ISO14001を取得しています。ISO14001とは国際標準化機構(ISO)が1996年に制定、2004年に改訂した環境マネジメントシステム (EMS)の国際規格のことで、分かりやすく言うと、環境改善のために必要なことは何なのかを企業ごとに考え、実際に行動していくための手順などを定めた規格です。取得した企業は“環境に配慮し、環境負荷を継続的に減らすシステムを構築している”と世界的に認証されます。