子どもたちの未来を紡ぐ新しいカタチ。
子どもたちにとって何が必要で、何が大事なことかをいつも一番に考え、他にはないさつき幼稚園のカタチになりました。

園舎

2006年に現在の園舎へと建て替え、2009年には日本建築学会作品選奨を受賞しました。子どもの生活空間のあり方を正面から捉え、子どもたちの目線に立って、子どもたちの居場所を巧みに創りあげたこと。また、木材の持つ可能性を大らかに表現したことが評価されました。
【ココをクリックして園舎を散策♪(旧サイト)】

新幹線

さつき幼稚園には、本物の新幹線があります。開園10周年にあたる平成2年(1990年)6月、子どもたちの強い希望を叶えるため、新幹線車両としては“初の民間払い下げ”という形で、0系新幹線先頭車両「22−75」を購入しました。

バス

さつき幼稚園の園バスは、福岡市内早良区・城南区・西区を運行しています。詳しいコースはお問い合わせください。
また運行状況をGPSを使ってリアルタイムでお知らせする「バスキャッチ」や感染症対策及び車酔い・消臭・喉や肌の乾燥防止の為に空間除菌脱臭機を車内に設置しています。

制服

オリジナルの制服は、コストを抑えながらも、メッシュポケットやアジャスタブル機構、最新の素材を採用しています。
※肌の弱い子に対応した綿素材の上着、アンダーシャツもご用意しております。

教材

さつき幼稚園は、知能遊びのモデル園として30年以上の実績があり、それ以外も様々な教材を使用しています。
又、2016年から園児一人一人がipadを使って様々な活動をするICT教育プログラム【KITS】を行っています。

屋内指導

講師による茶道・運動遊び・音楽指導・絵画・英語に加え、折り紙制作や金槌、ノコギリを使った木工指導・鉛筆削り・調理指導・科学の目(実験指導)なども行っています。

スマホやケータイを使った連絡体制

バスの配車状況や園からのお知らせなど、確認ができるだけではなく、用品注文や預かり保育・出欠連絡が全て保護者の方のスマホやケータイで一括操作できるシステムを採用しています。

 
ICT教育
これからの21世紀を生きるチカラ
さつき幼稚園では21世紀型教育にも力を入れるため、2016年に
福岡県で初めてICT教育力リキュラム、「こどもモードKltS(キッツ)」を導入しました。

こどもモードKitSの狙い

「こどもモードKitS」の狙いは、クリエイティブな活動やチームワーク活動を通し、自ら成功体験を得ることで21世紀型スキルである『創造力』、『チームワークカ』、『ICT活用力』を身につけ、さらにそれらのスキルを高めることです。さつき幼稚園では、3才、4才、5才の各年齢ごとにカリキュラムを設け、タブレット(iPad)と専用のアプリを使って21世紀型スキルを育みます。

年少のICT活動風景

初めてのKitSにワクワク。描いた絵をiPadで覗くと、絵が飛び出して動き出す!お友達の 作品も飛び出して、好奇心が膨らみます。
椅子に座ってやるだけではなく色々なところに置いてみたり、お友達の絵と並べてみたり、それぞれ違うスタイルで楽しみながら創造力・チームワーク力・ICT活用力を伸ばします。

新しいことに興味を持ち活動を楽しむ

お友達と一緒に楽しく活動する

ICTならではの表現を楽しむ

年中のICT活動風景

年中になると、プレゼンテーションがスタート。自分でお話するだけではなく、お友達の お話もちゃんと聞けるようになります。

さまざまな色や技法で自由に表現する

お友達と助け合いながら活動する

ICTを使用するときのルールやマナーを守る

年長のICT活動風景

年長になると、ユニークな発想ができ、プレゼンテーションでは質疑応答ができるように なります。困った時はお友達と協力して解決できるようになります。

「世界に一つだけ」の自分の表現に挑戦する

互いを尊重しながら難しい課題に取り組む

ICTを表現やコミュニケーションの「道具」として活用する

PAGE TOP